どうして「サラサラ血」がいいのか!?

「ドロドロ血」という言葉と「サラサラ血」という言葉、
どちらのイメージがいいかと聞かれると、まず全員が「サラサラ血」と答えるでしょう。
それはもちろん正解です。

 

ですがそもそも「サラサラ血がいい」というのは、どんな理由があって言われていることなのでしょうか?
ここではそれをご説明しましょう。

 

 病気のリスクを下げられる!

「サラサラ血がいい」と言われる大きな理由として挙げられるのはやはり、「血液に関する病気のリスクを下げられる」ということでしょう。

 

ドロドロ血が招く疾病リスクとしてよく挙げられるのは、高血圧・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などといったものですが、サラサラ血が実現できれば、こうしたリスクをことごとく下げることができます。

 

「でも、もう今の時点でドロドロ血になってしまっているんだから、すでに血液の質も悪いし、血管もボロボロになっているだろうし、今さらサラサラ血のための対処をしても遅いだろう」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

たとえば、血管が市販のホースと同じように「一度傷ついたら絶対に元に戻らない」というなら話は別ですが、血管は生きた細胞でできているのです。
今後の新陳代謝によって、回復・再生していくことは十分可能です。
もちろん、血液の状態だって、「一度ドロドロになったらおしまい」ではありませんよ。

 

たとえ「今の時点ですでにドロドロ血」という人であっても、これからサラサラ血に変えることができれば、今からでも、こうした病気のリスクを下げることができるのです。

 

「今から先の未来の不健康リスクを減らす」という点で、サラサラ血作りは大きな意味がある、ということです。

 

全身のアンチエイジングにもつながる

「サラサラ血がいい」と言われる大きな理由は、もうひとつあります。

 

血液がサラサラで、全身すみずみまでスムーズに行き渡れば、血液によって運ばれる栄養と酸素も全身にしっかり行き渡るようになるため、全身の細胞が活性化し、新陳代謝も活発になります。

 

そして、「健康で若々しい体作り=全身のアンチエイジング」にもつながる効果が期待できる、ということになるのです。

 

サラサラ血は疾病リスクを低下させる、というだけでなく、さらなる健康増進に役立ち、そして見た目の若々しさにもつながる、というわけです。
これだけのメリットがあるのですから、ぜひとも、すぐにでもサラサラ血作りを目指しましょう!