こんなDHA・EPAサプリは選んじゃダメ

サラサラ成分であるDHA・EPAの摂取は、食事だけで完全にクリアするのはなかなか困難なので、DHA・EPAサプリを利用して、食事だけでは足りない分をしっかり補う、というのが、サラサラ血作りのための賢い方法、と言えます。

 

しかし、DHA・EPAを配合したサプリは非常に数多くあります。そしてその中には「選んではいけない、粗悪なDHA・EPAサプリ」というのも、残念ながら存在します。

 

酸化リスクを考慮していないサプリは問題外!

粗悪なDHA・EPAサプリの代表格として挙げられるのは、「DHA・EPAが酸化しやすいということを、まるで考慮していないサプリ」ですね。

 

たとえば・・・パッケージが、光を簡単に通すような透明タイプ・透過タイプのものは絶対に避けましょう。

 

蛍光灯などの光が当たるだけでも、DHAやEPAは少しずつ酸化していくのです。
透明でないプラスチックボトルや、アルミパウチを使っているものを選びましょう。

 

また、「DHAやEPAの酸化を防ぐために、抗酸化成分を多少なりとも配合しているかどうか」という点も注目ポイントです。

 

たとえ無添加を売りにしているサプリであっても、抗酸化がまったく考慮されていないようでは、肝心のDHA・EPAの質が落ちる可能性が高いので、選ぶのはおすすめできません。

 

ビタミンCやE・アスタキサンチン・セサミンなど、何らかの抗酸化成分が配合されているかどうかをチェックしておきましょう。

 

あまりの「大容量パッケージ」も避けたい!

DHA・EPAのサプリ選びにおいては、「1パッケージで半年分や1年分入っているなど、あまりに大容量となっているパッケージは避けるべき」というのも、ひとつのポイントです。

 

 

その理由はもちろん、「大容量であればあるほど、使い切るのに日数がかかり、その間の酸化リスクがどうしても高まるから」です。

 

 

「大容量になればなるほど1ヵ月あたりのコストが下がるので、なるべく大きなものを買いたい」という気持ちは分かりますが、サプリの品質維持を考えれば、たとえ、酸化防止等の工夫がなされているものであっても、「1パッケージで、多くても2〜3ヵ月分ぐらいまで」というぐらいのものにとどめておくほうが無難でしょう。

 

サラサラ血液のためのサプリ選びのポイント関連ページ

サラサラ血液になるために魚を食べてさえいれば大丈夫?
サラサラ血作りにとても役立つ成分として知られる「DHA」「EPA」は、青魚類の脂に豊富に含まれています。 ということは、青魚をたっぷり食べてさえいれば、DHAやEPAの摂取は大丈夫なのでしょうか?・・・いえいえ、実は、そう簡単な話では終わらないのです。
サラサラ血液対策には「青魚+サプリ」が理想的
サラサラ血作りに役立つDHAやEPAは、青魚類の脂に多く含まれていますが、「食事で青魚を食べることだけで、十分なDHAとEPAを摂取する」というのは、現実問題としてなかなか難しいもの。 そこでおすすめしたいのが、「DHA・EPA含有のサプリを利用する」という方法です。