ストレスがドロドロ血リスクを高める理由

ストレスがなぜ、ドロドロ血リスクを高めてしまうのかというと、
最大の理由として「ストレスホルモンによる悪影響」が挙げられます。

 

ストレスが溜まると、自律神経の働きによって、アドレナリンなどの興奮系ストレスホルモンが大量に分泌されるのですが、このアドレナリンは、血小板を凝集させるなど血球を活性化させて血液の粘度を増す性質があります。

 

さらには血管を収縮させることで血圧を高めてしまう、というやっかいな作用まで持っています。
これがドロドロ血・血圧上昇を招いてしまうのです。

 

また、ストレスは、意外にも「水分不足によるドロドロ血」も招きがちです。

 

ストレスであまりにもイライラしていると、興奮する気持ちばかりが先立ち、水分補給を忘れてしまう、というケースは意外と多いんですよ。

 

私自身、「強いストレスでとてもイライラしている時に、ふと気がついたらコップの水が全然減っていなかった=まったく飲んでいなかった」という経験は何度もしたことがあります。

 

水分が足りないと、血液の濃度も上がってしまうため、これまたドロドロ血の原因となってしまうのです。

 

 

ストレスの改善法

ストレスの手軽な改善法としては、
「とにかく少し動いて、ちょっとした気分転換をする」というものがあります。

 

たとえば、オフィスでイライラしてしまっているなら、トイレに行きがてら、廊下の窓を開けて外の空気を吸いながら大きく伸びをする、というだけでも、結構な気分転換になります。

 

 

自宅に帰ってからの気分転換としては、湯船にアロマの精油を垂らしてのアロマ入浴をしたり、ネット上から雄大な風景写真を見つけてそれをプリントアウトしたものを眺めながら、ゆっくりと「おなかから息を吐き出す深呼吸」を心がける、などといった手を使うのが有効です。

 

 

また、「意識的に、飲み物をゆっくりと飲む」というのも、意外とストレス改善効果が高いのでおすすめです。

 

水を飲む場合は、水の味をしっかりと確かめるような気持ちで、コーヒーや紅茶・日本茶などを飲む時は、香りも楽しむような気持ちで飲むと、それだけでもかなりリフレッシュ効果が得られますよ。

 

 

ただし、夜のカフェイン飲料摂取は、寝つきに支障をきたすリスクが高いのでやめましょう。
夜に香りを楽しむ飲み物を飲みたいなら、ノンカフェインのハーブティーを選んで下さい。

 

ストレスによるドロドロ血リスクと改善のコツ関連ページ

塩分過多によるドロドロ血リスクと改善のコツ
「塩分を摂りすぎると高血圧になる」ということはよく知られていますが、実はそれだけではなく、塩分過多はドロドロ血のリスクさえ高めてしまいます。 その理由と改善法をお話ししましょう。
外食によるドロドロ血リスクと改善のコツ
外食の機会が多い人は、ドロドロ血のリスクが高いと考えられます。 その理由と改善のためのコツについてお話ししましょう。
コンビニ弁当によるドロドロ血リスクと改善のコツ
「お昼は毎日コンビニ弁当」という人も、ドロドロ血には要注意です。 その理由と改善のためのコツについてお話ししましょう。
お酒・飲酒によるドロドロ血リスクと改善のコツ
お酒が好きで、「酒は百薬の長というし、ドロドロ血とは何の関係もないよ」と思っている人はいませんか? もしあなたが、そんな考えで安心して飲酒しているというなら要注意! 飲酒によって引き起こされる、ドロドロ血リスクもあるんですよ。 その理由とリスク軽減のコツについてお話ししましょう。
たばこ・喫煙によるドロドロ血リスクと改善のコツ
「喫煙はとにかく健康に悪い」ということは、世間的にも広く知られていますよね。 もちろん、喫煙が及ぼす健康被害リスクの中には「ドロドロ血リスク」も含まれます。 そのリスク内容と、禁煙成功のためのコツをご紹介しましょう。