睡眠中に失われる水分量は意外に多い!

寝る前と起床時に水分補給をすることがなぜ大切なのかというと・・・

 

実は、睡眠中というのは、水分がかなり多く失われてしまうからです。

 

睡眠中に失われる水分って、どのくらいだと思います?
せいぜい100ccぐらいだと思っていませんか?

 

いえいえ、そんな少ない量ではありません。

 

成人の場合、夏場の睡眠においては、体重1キロ当たり、
平均して5.2cc程度の水分が失われると言われています。

 

つまり、体重60キロの人なら、300cc以上の水分を失うということですね。

 

 

冬場は夏場ほど汗をかかないので、それほど水分が奪われるイメージもありませんが、実は冬場は「空気が乾燥しているという理由で、水分が失われやすい」という、夏場とはまた別の理由で、水分が思った以上に失われやすいと考えられているのです。

 

 

こうした「睡眠中に起こる、予想以上の水分減少」によるドロドロ血を防ぐため、寝る前と起床時に、それぞれコップ1杯ずつの水分補給をしておくのがおすすめ、というわけです。

 

 

「寝る前と起床時の2回に分けて水分摂取しなくても、寝る前にコップ2杯の水をがぶがぶと飲めばいいんじゃないの」と思われるかもしれませんが、寝る前にたくさん水分を摂取するのは、「夜中トイレに行きたくなる」という事態を引き起こしてしまいがちなので、分けて飲むほうがおすすめなのです。

 

 

起床時の水分補給の注意点

というわけで、睡眠中に水分を失うことによるドロドロ血発生のリスクを減らすために、寝る前と起床時にそれぞれコップ1杯の水を飲むことがとても大切なのですが、起床時の水分補給の際には、ひとつ、絶対に守ってほしい注意点があります。

 

それは・・・「必ず、よく口の中をゆすいだあとに、水を飲む」ということ。

 

起き抜けにいきなり水を飲むと、寝ている間に口内に繁殖した雑菌を全部水とともに飲みこんでしまうことになりますからね。

 

睡眠中の口内は雑菌がとても繁殖しやすく、起床時の時点ではなんと、口内に「大便10グラムに匹敵するレベルの雑菌」が存在すると言われていますので、そんなものを飲んでしまわないよう、気をつけましょう。

 

サラサラ血液のために寝る前・起床時は水分を摂ろう!関連ページ

サラサラ血作りに効果的な運動とは?
サラサラ血作りのためには、「DHAやEPAなどのサラサラ成分を摂取できるよう食生活を見直し、それでもまだ不足しがちなサラサラ成分はサプリで補う」という対策をするのが第一に大切な要素となりますが、それだけではなく、適度な運動など、食生活以外の面においても、見直しをしていくことが必要です。 では、サラサラ血作りのためには、どんな運動がおすすめなのでしょうか?
サラサラ血作りに役立つレモン汁のススメ
サラサラ血作りのためのコツのひとつに、「こまめな水分補給」というのが挙げられます。 水分不足で血液の粘度が増してドロドロになるのを防ぐために、適度な水分摂取は必須となるわけですが、できることならその水を、さらにサラサラ血作りに役立つ「レモン水」に変えてみませんか?
やってみよう!サラサラ血液のための簡単ストレッチ
サラサラ血作りのためには、「血行促進に役立つストレッチを実践する」というのもおすすめです。 座ったままや寝転んだ体勢のままでできる、簡単な血行促進ストレッチをご紹介しましょう。
お風呂上がりにオススメの血液サラサラマッサージ
お風呂上がりというのは、ただそれだけでも血行が促進されているものですが、せっかくですから、そのお風呂上がりの血行促進をさらにパワーアップするために、足裏マッサージをしてみませんか?
冬にやるべき就寝前の血栓予防術
冬は血栓症のリスクが高まる季節です。就寝前に対策をしてリスクを回避しましょう。